TOPスポンサー広告 ≫ 父の27回目の命日TOPdiary ≫ 父の27回目の命日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

父の27回目の命日

IMG_0090.jpg


今日は節分。
そして、実父の27回目の命日。
あの日の私は15歳の中学3年生でした。


そんな私も今やアラフォーです。
父は享年47歳だったから、自分の歳が彼が精一杯生きた歳に
近づいています。私の中では47歳のままの父親像。
いつまでも若くて、とてもレトロな昭和な父。

そして、母が3人の子供と一緒に父を看取った歳が42歳。
今の私と同じくらいの頃に、いろんな事があった両親たち。
母の苦労は大変だったのだな、と今にして理解できるけど
想像以上に大変だったのでしょうね。考え深い。


父の事が知りたいと思い、今夜は母からいろいろ
当時の事を聞いてみました。私の中の大きな父も、
47歳の葛藤がいろいろあったのでしょう。
こんな話を母から聴けるのも、私が歳を重ねたからですね。


当時より、だいぶ成長して大人になった今、
お酒よりもコーヒーが大好きだった父と
一緒にコーヒーでも飲みながら 
あれやこれや話を聴いてもらいたいなって
思った日。


なんか、切ない。




Comments (0) Trackbacks (-) | diary

Comment













非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。