TOPスポンサー広告 ≫ 冬のガーデン♪ #2TOPGardening ≫ 冬のガーデン♪ #2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

冬のガーデン♪ #2

・・・・・・冬のガーデン♪#1からのつづきです。


早朝のガーデンはかなり冷え込んでました。
新鮮な空気がパリッとしていて、気持ちが良かったなぁ~♪


四国というと暖かいイメージだった私。
しかし、瀬戸内側は東京と同じくらい寒かった
久々に霜柱をみて、感動。
東京にいて、アスファルトに囲まれたエリアに住んでいると普通のコトに
いちいち感動感激して、なんだか、ちょっぴり不自然かもしれません。




さてさて、冬のガーデン #2です。


出張先*レールサクレの朝一番は 暖炉に火を入れることから始まりました。
暖炉って、東京にはあんまりないものなので、興味津々!!です。
とりあえず、何事にも挑戦したい私はお手伝いをしてみました。


うん。我ながらきれいな火が焚けたと、大満足

20060222012820.jpg



しかし、思い起こすと・・・・
    ・・子供のころお風呂を焚くのに薪くべしてたことを思い出しました。。

   ・・・・ってことは、薪くべ経験者だったんだわ、ワタシ。



( 小中高学生の頃は「お風呂を薪で焚いているなんて!!」
  恥ずかしくて、恥ずかしくて・・・・・友達にはいえなかったんですけどね♪
だって、ケムリもくもくですから^-^

  私の生家のお風呂はタイル張りの五右衛門風呂!! 
  タイル張りってところがきっと新化した五右衛門風呂=新しかった??
  のだったのでは????と今更ながら思うのです。
  あの幼児体験はなかなか貴重だったかもしれませんね  )




おっと、いけない、本題の冬のガーデン#2は 


      「朝のベジタブルガーデン」についてです。




ここまで、ちょっと長くなっちゃったので、興味のある方は、

   「続きを読む・・・・・」から
 
霜でお化粧された、朝の新鮮なお野菜たちの写真を見てみてくださいね。



ライムグリーンが光に透けてきれいだった、「白菜」
一番外側の葉っぱが穴だらけ。虫に食べられちゃったみたいです。
ってことは、無農薬&美味しいのでしょうね。

20060222012534.jpg





東からの暖かい日差しを待っている、霜だらけの「パセリ」ちゃん。

パセリはかなり耐寒性があります。がんばって、じっとじっと寒さを我慢してるように思いました。。

20060222012518.jpg





最後は、グリーンの色と霜の色が 芸術的だった、「キャベツ」さん。
自然が織り成す、アートはすごい♪ 
葉っぱのめくれ具合&広がり具合がキュートでした。

20060222012500.jpg

Comments (8) Trackbacks (-) | Gardening

Comment

編集
うちの実家も建て直す前は
タイルばりの五右衛門風呂で、
薪をくべてたいてました。
風が強い日はお風呂たけずで。
奇遇ですねー。運命を感じます。。
2006年02月22日(Wed) 12:18
編集
うちも昔住んでいた家のお風呂は、同じくタイル貼りでv-48モクモクでしたよ~(爆)
確かに貴重な体験かも(*´艸`) ムププ
2006年02月22日(Wed) 14:13
編集
五右衛門風呂ですかぁ~経験ないですねぇ~。。。どんな感じなんですか?
冬のガーデン!!最高にきれいですね!
生力を感じます!!
でも見てはじめに思ったことは、、、うまそう。。。でしたが。。。(笑) 東京あたりのスーパーでは見かけられないですからね。これだけきれいな野菜は。。。
2006年02月22日(Wed) 22:02
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006年02月22日(Wed) 23:10
編集
ステキなお仕事ですね!
我が家も庭があるのですがゴチャゴチャになっていて悩んでいます。
で=本題は五右衛門風呂、、懐かしいです。
私の小さい頃は打ちっぱなしのコンクリートに座り
五右衛門風呂に入ってる板が浮くので小さかった私が一人で入ると板がくるりっとひっくり返り(釜の底は熱い訳で)
いつも父がおもりになってくれていた事を思い出しましたよ。
スッカリ忘れていた亡き父との思い出でした。
又遊びに来ます。
2006年02月22日(Wed) 23:28
編集
あらあら、五右衛門風呂にみなさん好感触ね。
なんだか、嬉しい。


☆ はるるちゃんへ
なるほど五右衛門風呂つながりかぁ~ 
って、感心しちゃいました。
今やこんなに整備されている世田谷にも
一昔前は、五右衛門風呂があったんだから!!
学校から帰ってくると、おじいちゃん薪割ってたし。


☆  Bikkeさんへ
もくもくのケムリが目に沁みるんですよねーーー。
新聞紙のねじり方とか兄弟で研究しましたわ。
なつかしい。


☆  IZU-KAZ さん
同じ東京生まれとは思えないでしょ。
しかしながら、れっきとした生まれも育ちも世田谷ですの! ホホホ

もちろんお風呂全体はタイル張りだから、普通の
お風呂なんだけどね。
とにかく、五右衛門風呂は下が鉄の板。
その上にタイルの平板置いているんだと思うんだぁ~
原始的だけど、その時代の五右衛門風呂としては、
オサレな感じだったのではないかと推測いたします。


☆ batabatamamaさんへ
はじめましてーーーようこそいらっしゃいました。
batabatamamaさんも五右衛門体験者ですね。
コンクリート打ちっぱなし風 五右衛門風呂話は
初めて聞きます!!
板だと浮いちゃいますもんね。入るの難しそう。
家のは、タイル張りの平板が下にありました。
とにかく、脇から熱いのがでてくるから、
お風呂に寄りかかるなんて出来なかったですものね。
なつかしすぎます。


2006年02月23日(Thu) 15:33
編集
お久しぶりです^^
暖炉の火・・・見ているだけでも心が安らぎますね。

霜でお化粧したキャベツやパセリ
とっても綺麗ですね。
春の訪れも もうすぐですね。
2006年02月26日(Sun) 22:00
編集
☆ apricot さんへ
apricot さん、お久しぶりです。
暖炉の火はとてもゆったりとしていて、時間を忘れさせてくれる
温かい癒しでした。

ワンちゃんがお亡くなりになった記事を最後まで
読めませんでした。
家族の死はつらい・・・・のです。ごめんなさい。
元気出してくださいね。

2006年03月02日(Thu) 12:42












非公開コメントにする
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。