TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年09月
ARCHIVE ≫ 2008年09月
      

≪ 前月 |  2008年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

イギリスより戻ってきて・・・・

DSCN0457.jpg

9月に入りましたね。
お花の世界も、だんだんと秋色に染まって、
楽しい季節になってきます。



帰国してから、ジェットラグ(時差ぼけ??)が
なかなかとれず・・・・苦しんじゃいました。
しかし、今やすっかり日常の生活にもどり、
頭の中のチャンネルも 英語から日本語へ。



きっと私は通訳にはなれないと思います。
瞬時に器用に言葉を切り替える事ができません。

飛行機の中で隣だった人から、日本語でこれはなんと言うの?
と聞かれても、瞬時にはどんな言葉が適切か分からず、
『分かりません(笑)・・・・日本語は難しいから・・・』
と、とても低能で失礼な私。


環境の中で覚えた言語は
その中でコミュニケーションツールとして、
活躍するんですかね。


それにしても、忘れないように、
英語の勉強も続けようと思ってます。

スポンサーサイト
Comments (3) Trackbacks (-) | diary

イギリス花留学 後記 *Breakfast @ プチホテル private garden*


自分の時間を見つけてはイギリス滞在中の
写真を整理をする日々。


私が花の仕事をする原点になり、
未だ憧れ、勉強し続けているガーデン。


やっぱり、イギリスのガーデンは私の聖地なのかな??



ロンドンで滞在先だった 
プチホテル Number 16 の中庭の写真と
ガーデン内にあるオランジェリー(温室)でいただいた
朝食の一コマのフォトです。

DSCN0284.jpg

DSCN0286.jpg

DSCN0287.jpg

DSCN0297.jpg

DSCN0298.jpg
Comments (2) Trackbacks (-) | diary

本当に紫色♪

20080909215640
紫いもの冷たいスープ。

近所のお気に入りイタリアンレストラン、センプレにて。

いつも美味しい食事をありがと
Comments (0) Trackbacks (-) | diary

好きな雑誌は??

と聞かれた・・・・・・


なんだろう??
なんだろう??


突然自分の事聞かれると焦る??
自分の好きははっきりしている私だけど、
好きが多すぎて焦る。
確かに、私もスタッフの面接のときに
その人の世界観を少しでも理解したいがために、
「あなたの好きな雑誌を教えてください!!」
と聞いているな。


基本的に中高の頃から紙媒体は大好き。
あのころは、オリーブ、anan、セブンティーン
nonno、ぴあ。
ちょっと背伸びして、Cancan, JJ, Vivi.



大人になった今も、
本屋に立ち寄っては、立ち読みしたり、
自分的な素敵な雑誌はないかな??と探しちゃう。



これだけインターネットが発達し、Webの時代と
いわれていても、やっぱり私は紙媒体のぬくもりと
その世界観を映し出している写真や文字や構成や
特集記事が好き。わくわくする。



って、私の好きな雑誌ってなんだろ??


Comments (0) Trackbacks (-) | diary

curren より Natural Wreath ♪

たまには 私のお店 尾山台にある『curren』のこと。

DSCN0531.jpg


リースって、クリスマスシーズンだけでは
つまらない。ってことで、
いつも、その季節のリースがお店を演出してくれています。







今年も秋色あじさいのリースを制作販売開始。



湿度も下がってきた初秋。
きれいなドライフラワーになる季節のはじまり。

私の作り方は、
生花の状態で制作し、飾りながら干して、ドライにします。
制作段階から、とてもナチュラル。
いい感じの色と形に仕上がりるから、
自分で言うのもおかしいけれど、嬉しい。

リース(Wreath)にこだわり作り始めて、もう何年かな??
試行錯誤を重ね、リースの台座になる、
ベースも手作りしているんだっけ。
とにかく、オリジナルなリース台もふくめて、
季節を感じながら・・・・・
日々お花のスタイリストな私。



実は 秋色のユーカリのリースも作ってあるのですが、
写真が間に合わず、また今度載せる事にします!!!!

夏が終わり寂しいけれど、今度は秋を楽しみたいです。



DSCN0491.jpg
Comments (0) Trackbacks (-) | diary

秋色ユーカリのリース

DSCN0534.jpg


curren オリジナルリース。


秋色のユーカリ。


秋色のユーカリなんて自然界には存在しない。
人の手によって、秋色のお水を吸わせて染めてあるから
自然にこだわる私としてはなんだかな????
   と・・・・・疑問の残る妙なナチュラルさ。


けど、こうなって市場で売られているユーカリの枝たち。
この季節だけ出回る 秋色(染め)になっちゃったんです。
人間って時に惨い。
そして、ユーカリにとっても不本意な色合いなんだろうなぁ、



そんな枝を集めて、
もっと美しく、そして、素敵に
リースに変身させてみました♪
微妙な色のバランスは絶妙。




お店に飾ってあるので、よかったら見に来てくださいね。



では、おやすみなさい。

Comments (2) Trackbacks (-) | diary

*緑色の花色*mini-rose グリーンアイス

DSCN0423.jpg



ミニバラのグリーンアイス

透明感のある人気色『グリーン色』の花をつけます。

写真のグリーンアイスは・・・・・・
次々とつぼみをつけて、咲き続けています。
春先のローズより 暑さを乗り越え咲かしてもらえただけあり、
私が思っていたより かなり丈夫で良い苗だったかな。





ミニローズはお客様のからいつもいろんな質問されます。



かわいいけど、私にもそだてられるのかな?

ミニローズって 弱いのかな??? 
次の季節に咲かせる事は難しいのかな??
次はいつ咲くの?? 剪定とか肥料とかって何を与えるの??


と、Shopのカレンでの日常。


私はガーデニング初心者の人にも、ガーデニングが趣味の方、
忙しいけど生活の中に花があったら嬉しい!!
というすべての人に、非常に育てやすい植物ですよと、、
コメントしています。



私が経験してきた育てるコツは



可愛がりすぎず、適度にほっとくこと。
もちろん、、水やりは必要だし、
たまにきり戻して、根っこにパワーを与える事も
大切です。



しかし、気づくと つぼみをつけて、
ひっそりと咲いてくれる ミニのローズたち。


私の玄関先でも、ミニローズたちは
私の癒しであって、良きパートナー。






 
Comments (2) Trackbacks (-) | diary

尾山台に素敵カフェ♪

DSCN0511.jpg
DSCN0512.jpg
DSCN0508.jpg
DSCN0513.jpg
DSCN0509.jpg



Lana&Fino
尾山台の小さな踏切の側(九品仏寄り)の
ハワイアン雑貨とカフェも併設。


素敵でした。
二コッちと一緒にお茶出来る 近所のカフェ。


尾山台にもお洒落なお店が増えてきました。


Comments (2) Trackbacks (-) | diary

透明感のある葉を持つ ウンベラータ

なんだか、秋めいてきた今日この頃。


植物も少し涼しくなり
快適に過ごしているように思います。
一日毎に、日差しが少しづつ柔らかくなってきて、
ウンベラータの葉っぱたちも活き活きつやつや、
輝いています。。




DSCN0462.jpg




植物と同じように自然界で生きる
私たち人間もおんなじに思うのですが・・・
寒暖の差が程よく有る季節は心地よく、
ふわーっとした眠気に誘われ
眠りによって、夏に消耗した
身体を元気へと回復させるのかな??






おいしい秋も堪能して、
秋の夜長もたのしみたいですね。












Comments (0) Trackbacks (-) | diary

イギリス花留学後記 *洋書 paula prykeさんの本*

今や世界は近いというか、
ロンドンの雑貨屋さんに行っても
街を歩いていても、たいていのものは、
東京で購入できる物が多くって・・・・・
以前よりもわくわくできなかった。


もちろん、ポンドのレイトも高いし、
きっと日本の方が安いんだろうな
とも思ってました。
インターネットの普及もあり、
人々の海外への意識がより近くなり、
かなりグローバルな世の中なんだな、
と妙に実感。


ロンドンにて、自分のためにと
唯一買い物したのが、洋書たち。


この本は 私を切り花の世界も素敵だな!!と
思わせてくれた ロンドンのフラワーデザイナー
Paula Pryke (ポーラプライク)さんの本。




イギリスから戻ってきて早1ヶ月。
時間が過ぎ去るのはとてもスピーディで、
焦ってしまいがち。

けれど、この本を開くたびに
ひと呼吸おいて、花と向き合う気持ちを
確認しています。

DSCN0332.jpg



Comments (0) Trackbacks (-) | diary

オレンジ色に惹かれる季節

DSCN0519.jpg


今日は急に寒くなり、冬が近いな・・・・
と感じ、去年はどんな冬服着てたっけ??

って思い出した日でもありました。



気温が下がって、暗くなるのが早くなると
何となく暖かい色味に惹かれてきますよね。



最近オレンジ色のRoseが気になり、
毎週 違った色のオレンジを仕入れてしまいます。


オレンジ色と赤い色の組み合わせが似合う季節。
春から夏だったら、ちょっと暑苦しい組み合わせ。
けど、秋から冬にかけては、
何だか、ふんわり温かい気持ちにさせられる。


花には 表現できないくらいの微妙な色合いがあり
その季節それぞれの光のバランスや湿度、気温で 
同じ花がいろいろな表情を見せてくれるのです。


花に携わり長いのですが、
今もって不思議な花色の世界。


Comments (0) Trackbacks (-) | diary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。